「笑撃! これが小人プロレスだ」 髙部 雨市2010年07月25日 13時45分

小人プロレスって見たことありますか?
私も、子どもの頃にテレビで見た記憶はあるんですが・・・。そのときは、やっぱり「見せ物」って感じでしか見られなかったなあ。
彼らが、いかに技を磨き、観客を楽しませることに真剣だったか。そんな彼らの試合がなぜTVで放映されなくなったのか。
TVに映らないものは存在しないこの時代において、誰が彼らを抹殺したのか。
差別の糾弾や言葉狩りに対する自主規制。ホンネで言えば、臭いものにフタ。見なかったことにしよう、無かったことにしよう。
その一方、彼らが体を痛めてプロレスができなくなっても、レフェリーや事務仕事として雇い続ける社長、リトル・タイガーの試合は欠かさず見て練習も付けてもらったという長与千種。当たり前に人として尊重する関係がそこにはある。

著者も、一人の生きた人間として「彼ら」を見ていたか、自らに問いながら25年間取材を続けた。そして、日本における小人プロレスは消滅した。レスラーは、皆引退し、何人かは鬼籍に入った。

小人プロレスの試合のDVDが付いてます。リトル・タイガーの試合も見てみたいなあ。
発行から3か月で3刷になってる。なぜか嬉しい。

(現代書館 2009年2月25日発行 2600円+税) アマゾンへのリンク

コメント

_ とみざわ ― 2012年06月21日 13時39分

10年以上前に、小人(←携帯では漢字変換できない!)プロレス、生で観てます。

全女が倒産したあとも、選手たちが興行を打っていて、その前座が必ず小人プロレスでした。

笑いっぱなしでした。
何度観ても。同じパターンでも。
その段階で、選手が2人しかいないから、基本形ができちゃってて。

たまに、女子レスラーもかんだりすると、またさらに彼らの良さが光って…。

数年前、蜷川さんの芝居に小人プロレスの選手を効果的につかっていましたね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://booker.asablo.jp/blog/2010/07/25/5247303/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

アマゾンへのリンク