「地図と愉しむ東京歴史散歩」 竹内 正浩2012年01月04日 02時00分

はっきり言って類書は多い。
昔の地図と現在の地図の比較、古写真と同じ場所で撮った現在の写真との比較、など豊富に出版されている。
本書がそれらの本とどう違うのか。中々に微妙で明確に言い難い。無理して整理してみると、以下の点か。

・文章と地図、写真の割合が絶妙である。
・文章の中のウンチクが楽しい。
・昔の地図と現在の地図の大きさ、方向等がぴったり一致している。

実は最後の、地図がぴったり、というのが大きい。両方の地図を見比べながら、何が変わって何が変わっていないか、変わった所はなぜ変わったのかを確かめられる。現在の道路が昔の小さな道路だったり水路の後だったり、海岸線だったり・・・。

荒川は明治期に作られた人工河川、と言われてもピンと来ないが、全く同じ場所の地図を並べて、今の荒川の場所に田畑、住宅地、鉄道まであったのを見ると愕然としてしまう。

地図をじっくり見ていると色々と発見があり、普通の本の3倍は楽しめます。2011年のベストです。お薦め。

(2011年9月25日発行 中公新書 940円+税) アマゾンへのリンク

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://booker.asablo.jp/blog/2012/01/02/6274248/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

アマゾンへのリンク