「空の中」 有川 浩2010年07月29日 01時31分

ジャーン 「図書館戦争」の有川浩さんの2作目です!

日本航空界悲願の国産ビジネスジェット。その試験飛行で高度が2万メートルに達した瞬間・・・。数日後、2機編隊で飛行中の航空自衛隊のF15Jが高度2万メートルに達したとき・・・。その数日後、少年は海岸で奇妙な生き物を拾う・・・。

「自衛隊三部作」の中の航空自衛隊編です。

SFとして読むとね、弱いんです。いろいろと。
でも、そういうこと抜きに、主人公春名さん、かっこいぃ!主人公光稀さん、かっこいぃ!綿密に描き込まれた対策本部でのやりとり。飛行少年としては飛行機が重要な位置を占めているだけで嬉しい(^_^)
そしてやっぱり純愛小説なんですね。大人のツンデレですね。(^^ゞ
でも純愛だけで小説書くのも辛いでしょうし、読むほうも辛い。全体がエンターテイメントとして完成度が高いからこそ純愛部分も引き立つのであって、やっぱり有川先生、プロです。

(2008年6月25日発行 角川文庫 705円+税)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://booker.asablo.jp/blog/2010/07/29/5254525/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。

_ 【徒然なるままに・・・】 - 2010年08月15日 16時33分

200X年、日本における数十年ぶりの国産輸送機開発プロジェクトが立ち上がったが、実験中にテスト機は原因不明の爆発事故を起こしてしまう。更に数週間後、同じ空域で今度は自衛隊機が謎の爆発。調査が進められるものの、その原因は杳として知れなかった。
その頃、海岸で少年は不思議な生物らしきものを見つけ、幼馴染みの少女と一緒に家へと持ち帰っていた。
また調査に派遣されてきた航空機メーカーの担当者と、事故の生き残りである自衛隊機のパイロットの二人は、飛行中に現場空域で謎の存在と接触する。はたしてその正体は・・・?!

地球外ならぬ、<地球内知的生命体>とのファースト・コンタクト・テーマのSF作...
アマゾンへのリンク